食事療法で糖尿病と向き合う|毎日の食事を見直す

笑顔

治療中の献立

和食

良好な栄養バランスです

食事療法中は、栄養のバランスが偏りがちになります。糖尿病などのカロリーを控えなければならない病気の場合には、特にたんぱく質や脂質などが不足しがちです。味の点でも満足のいく献立を考えることが難しくなります。こういった場合に便利なのが弁当スタイルの糖尿病食です。このような商品は、現在広く発売されるようになっており、好評を博しています。この手の糖尿病食の場合には、1回分の献立が予めセットされています。主菜から副菜まで手間いらずで、利用することが可能です。プロの監修の元製造されているため、栄養学的にも優れています。通常の食事では実行することが難しいバランスのとれた内容となっていることから、幅広い世代に利用されている商品です。

糖質中心は避けます

糖尿病の食事療法においては、毎日の摂取カロリーが重視されます。素人がこういったカロリーを守ろうとすると、どうしても糖質中心になってしまうことが問題です。白米やパン、パスタを中心としたワンプレートスタイルの献立が多くなり、栄養のバランスが崩れます。糖質は、人間が活動するエネルギーとして不可欠です。ですが、糖質のみの摂取では健康上様々な問題が現れてきます。糖尿病の場合にはとくに血糖値が上昇する原因にもなるため、注意が必要です。ですので、主菜や副菜を取り入れたバランスの良い献立を考えることが大切となります。皿数が増えることで満足感が高まり、低カロリーの食事でもストレスを感じ無くなる点が見逃せないポイントです。

業者選びの3つのポイント

介護

腎臓病食の宅配を利用する際には、3つのポイントで業者を選ぶことが重要です。味は美味しくメニューは豊富であるか、安全性と信頼性は高いか、実績を残しているかを確認することで、正しい食事療法の元で食事を楽しむことができます。

特徴とポイント

介護

腎臓病の食事では、いくつかの気を付けるポイントがあり、食事管理をするのが大変な病気といえます。特にたんぱく質や塩分、エネルギーは重要となり、基準となる数値がありので、しっかりと守って食事の管理をすることが大切です。

糖質制限食によるサポート

男女

糖尿病患者のための糖質制限食が人気なのは、個人で管理するのが難しい場合、自宅に居ながら有効活用できます。糖質制限された食事のおかげで遠慮をせずにお腹一杯食べる事ができるため、毎日満腹感を得る事ができます。